ととのうみすと 使い方

ととのうみすとの使い方

ととのうみすとの効果的な使い方を紹介します。

ととのうみすとはスプレーするだけの簡単ケアなので、
しっかりとお肌に化粧水を染み込ませて肌に浸透させることが大切です。

また、せっかく「ととのうみすと」を使っているのであれば、
他のお手入れもできるだけ簡素化させたいですよね?

ととのうミストはW洗顔が不要!

クレンジング後の洗顔の作業がひとつ無くなるだけでも、
日々の美肌ケアがグッと楽になりますよ。

まずは、ととのうミストの簡単な使い方を紹介します。

動画で分かる!ととのうみすとの使い方

動画を見て「え?これだけ?」と思われるかもしれませんが、
たっぷりと化粧水が滴るような量を顔全体にしっかりと吹き付けるのがポイントです。

逆にいえば、これだけなのでとても簡単ということですね。
これならどれだけ面倒臭がりの人でも毎日続けられるはずです。

朝は5プッシュ、夜はしっかり10プッシュ程度がおすすめ!

ととのうみすとの効果的な使い方【朝夜編】

朝のケア

洗顔

朝は体温より少し低いくらいの32〜35度くらいのゆるま湯での洗顔がおすすめです。

睡眠中に顔に付いたほこりや汗、老廃物などを洗い流すことが目的なので、
優しく顔全体を洗ってあげましょう。

Tゾーンはもちろん、皮脂の分泌が多いこめかみのあたりも忘れずに。

ととのうみすと

ととのうみすとを顔全体にシュシュっと5プッシュほど吹き付けましょう!

お肌の汚れが浮き出てきて化粧水が白く濁ってきます。

ととのうみすとが白く濁る

最近は溜まっていた汚れがだいぶと落ちてきたのか白い濁りは抑えられてきましたが、最初のうちは本当に乳液かなと思うくらい白く濁った水になります。

拭き取り

30秒から1分ほど待って化粧水をお肌への浸透を待ってから、
洗い流すか、タオルで優しく拭き取ってあげます。

私は濡れタオルでポンポンと押さえるように優しく水気を拭きとっています。

白い濁った化粧水が気持ち悪くて強く顔を洗ったり、
ゴシゴシと顔を拭くのは逆効果になるので注意が必要です。

汚れは浮き出てきている状態なので軽く洗ったり、優しく拭き取るだけで十分ですよ。

夜のケア

クレンジング

クレンジングで化粧をしっかりと落とします。

この時点で化粧成分が肌に残っているとミストが上手く浸透しません。

化粧残りはお肌にも悪影響なのでこの部分は念入りに落としましょう。

ととのうみすと

W洗顔は不要なので、クレンジングの後は「ととのうみすと」です。

気になる人は洗顔してももちろんOKです。

夜は1日活動したお肌にしっかりと栄養を与えるために、
10プッシュほど吹き付けて顔にしっかりと化粧水を与えて下さい。

65種類の酵素が美肌菌の働きをサポートしてくれるので、
吹き残しがないように顔全体にしっかりとスプレーするのがポイント!

拭き取り

30秒から1分ほど待って化粧水をお肌への浸透を待ってから、
洗い流すか、タオルで優しく拭き取ってあげましょう。

夜はリラックス効果を与える為にも、ほんのりと暖かい濡れタオルで拭いてあげるのがおすすめです。

ととのうみすとの使い方や驚きの効果をもっと詳しく!

page top